2018年 02月 22日

針選び

唯一の魚とのコンタクトポイントであるフックの話
これもまたそれぞれ思いがあってセレクトは千差万別だと思います
バランスが大事だと僕は思う
自分のタックルを考えて選ぶとより色々なチャンスが増えるようにかんじまs
あくまでいつも言いますが自分の考えです

柔らかいロッドでナイロンを使う時
僕は掛かり重視で中細軸のフックを使います
魚の口に刺すという第一目的を果たすのに柔軟なタックルでもトラウトの口を貫く為です
で魚とのやり取りにも中細軸ほどの強度があれば釣り上げられる
ロッドの柔らかさとナイロンラインの伸びでフックを伸ばされずに取り込める
そんな経験値からのバランスで長い事魚と遊んで来ました

去年からPEラインを導入したためそれまで使っていた中細軸では心もとないという思いから新たにフックを選択し少し強めの中細軸へと変更
それでも少しパワーが足りないかなと思い今年は新しいフックを導入することにしました
PEラインを使うことで柔らかいタックルであってもフッキングパワーが十二分に伝わると判断したので
これはまだ経験値不足なのでこれから突き詰めていく必要はありますがそれでも十分戦えるだろうと思います
早くたくさんの経験値を積んでどういうものが答えなのかというのを探していきたいです

さてもうひとつ取組の途中であるシングルフックなのですが自分は今後は臨機応変に対応します
魚のダメージ云々についてはそれぞれの考えがあると思います
ですのであえてどうこう言うつもりはありません
シングルフック専用モデルであればもちろんシングルを使います
トレブル仕様のモデルをわざわざシングルにすることはしません
それで本来のアクションが変わることが嫌だからです
出来ればそのフックを想定して設計した作者の意思を汲んでバランスを変えずに使いたい
そういう思いですので別にシングルを否定する訳ではありません

バーブの有り無しについてはあまり気にしてません
自分はそれが原因でバラすのが嫌なのでバーブ有りを選択しています
今のフックは非常に高性能でバーブも小さくなっている
それで魚をホールド出来てるんだから素晴らしいと思います
フックを外す際もそんなに魚にダメージが入るようには感じません
ダメージがあまりにも酷ければその魚はキープして食す
それが僕の考えですので

[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2018-02-22 12:10 | fishing-'18 | Comments(0)


<< 解禁を間近にして想う      竿選び >>