2018年 02月 22日

竿選び

ワンタックルしか持てないんです
渓流は
となるとどういうタックルを選ぶか
もちろん場所もありますしターゲットもある
自分が使うルアーによっても変わってきます
川を知ってればこれという道具をチョイス出来る
でもやっぱり初めてならオールマイティーにこなせる道具が良いですよね

PEラインが出てきてその選択肢が凄く広がりました
これは間違いない事実です

本当は硬いロッドのほうが出来ることが多いんです
重たいものを投げたり強いラインを使えたり
それは当たり前の事実
渓流のルアーであれば竿を曲げなくてもルアーのウエイトで飛ばせる
ちょっとしたコツはいりますがなんとか出来るものなんです
ルアーも当たり前に動かせますし
柔らかいロッドだとブランクを上手く使ってどっこいしょと飛ばせます
だけどルアーが細かく思い通りに動かせない
そこが一番のネックになります
PEであればある程度カバー出来ますがやはり限界はある
出来なくはないけど気持ちよい釣りではありません
まあそれでも全然アリだし良いと思います

これはあくまで遊び前提ではなく釣ることを考えた場合です
お気に入りの愛竿で遊びたい
それならその竿に合わせたルアー選びをすれば良いだけのこと
マルチがいいのかスペシャルがいいのか
それはその人がどういう釣りをしたいのかということ

誰かに合わせる訳ではありません
誰かがそういったからそれを選んだ
もちろんそれもあり
向き合い方は人それぞれ

最終的には自分が楽しければ良いんです
趣味ですから

なんとなく2月22日なので2時22分に更新時間を変えてみました(笑)
いいことあると良いな(笑)

[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2018-02-22 02:22 | fishing-'18 | Comments(0)


<< 針選び      やり取りを竿から考える >>