2018年 02月 20日

キャスティング私感②

渓流釣りではさほどロングキャストは重視されないと思います
どちらかといえばやはりコントロールキャスト
色んな技を駆使してショートレンジのキャストをしっかり決める
そんな場面が多いと思います

最近はルアーの重量化が進んでいる
3gは当たり前
4g5gなんて言うのが当たり前に使われるようになりました
キャストは凄く楽になりました
ルアーが重いのでロッドを曲げるのが楽になったからです
ルアーの重量とロッドの反発
それを楽に使えるようになりました

ただ重いので着水時に大きな音が出ちゃう
なのでサミングを上手く使って着水をコントロールする
そんな芸当が必要です
クイックなキャストと微妙なサミング
これを組み合わせるっていうのが必然的に多くなっていると思われます

そんなルアーを扱うロッドはどうでしょうか
ヘビーウエイトミノーを扱うロッドはやはり強い
そして張りのあるシャープなロッドも多いと思います
そんなロッドだとやはり柔らかなキャストはどうしてもしづらい
硬いロッドを扱うのは難しいです
キャストの際のリリースポイントがどうしても狭くなってしまう
しかしそれをつかめばこっちのもの
初速の速いライナーキャストを上手くコントロールする
それはとても素晴らしいことです
オーバーハングの下にも自由に振り込めると思います
ラインがふけないのでトラブルも少なくなるし

ボクは軽量ルアーが主力なので柔らかめのロッドを使います
使いますというか使えますというか
どっちにしろ僕はそんなロッドが好きであることは確かです
キャストは凄く楽
ボクはサイドやアンダー気味のキャストを使う事が多い
柔らかいブランクであればキャストの際にロッドを回し
ブランクをねじり弾き飛ばすようなキャストをします
初速を高めるためにロッドの弾力を大きく使うためです
それでロッドを大きく曲げる訳です
ロッドは曲がっていますがパワーベクトルはポイントに向かっている
キャスト時のタメが出来ているというのはここです
だからリリースポイントの幅が大きめに取れるわけです

Nikon D700
Makro-planar T* 50mm f2
絞り優先AE F8 マルチ測光 露出補正なし


c0157761_18101914.jpg
今シーズンより新規投入のimpはティップがグラスで非常にしなやか
これがどんなキャストフィールになるか今から楽しみ


それでどうだと言う事ですがどちらも良いんじゃないという事
硬いロッドでビシビシキャストを決めるのも良ければ
柔らかいロッドでゆったりとキャストを決めていくのも良い

自分の好きなロッドを使いこなして意のままに操る
楽しいですよね

[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2018-02-20 12:10 | fishing-'18 | Comments(0)


<< やり取りを竿から考える      キャスティング私感 >>