2018年 02月 17日

渓流ルアー釣りを考える

ルアーとは疑似餌という意味
疑似餌というと餌ににせたもの
というものだけでは無いのは何も書くような事ではないですね
自分はミノー=小魚なんて思ってません
まあそんなのは人それぞれの考えですが

Nikon D700
Makro-planar T* 50mm f2
絞り優先AE F8 マルチ測光 露出補正なし

c0157761_10513157.jpg

ボクは思うんですよね
活性が高かろうが低かろうが
餌があるところに魚は必ず注目しているって

魚がすごくアクティブに動いている時は別として
よく言うセレクティブとか低活性とか
そう言う場面の時でも魚は必ず餌を食ってる
ルアーにまで自分のやる気をぶつけられない
一瞬だけチラッとルアーに反応する
けれど追わない
そんな場面を打開したい

c0157761_10505838.jpg

じゃあその川のその時期のメインベイトは何んなのか
そのベイトは川の中でどんな状態なのか
虫?魚?甲殻類?
アユ?カジカ?
バッタ?カゲロウ?
ニンフ?アダルト?
表層?中層?ボトム?

その注目している点にルアーを持っていく

c0157761_10511519.jpg


ボトムに張り付くものならルアーをボトムに付けて反射的にリフトアンドフォール
表層に目が上向いていればルアーを表層で小さなトゥイッチでバタつかせる
中層で泳ぐ魚に注目してるなら狂ったように逃げ惑うようにジャーク

そんな魚たちが注目してるであろうゾーンから魚の視点をルアーに向かせる
で僕はそこからはリアルじゃ無くても良いと思ってる

だってリアルさだけで良いならルアーなんて動かさない方が良いですよね
わざわざ逃げ惑うものを追いかけて体力を消耗してまでそれを得たいか?
動きの鈍いものを食った方が楽
という単純な考えからです

だからルアーは食性だけに訴えていないと考えます
好奇心でも闘争心でも
魚の気持ちにスイッチが入る動きを探す
で最後に口を使わせるように導く
それが面白いんですよね

ルアーは魚を寄せる力が強い
魚がいそうなところに投げてただ闇雲にトゥイッチをするだけでも釣れると思う
何も難しく考えなくても結果が出てしまう
それでも良いんです
だけど僕はそれは釣ったじゃなくて釣れただと思う
一歩深みに足を踏み込むと釣ったと釣れたの違いが凄く大きなものになる
レクリエーションなのか趣味なのか
曖昧だけど大きく中身が違う言葉のようなものですが

少しだけでも良いから考えて釣りをするともっと楽しくなると思います

釣りには色んな関わり方があって当然です
これはあくまで僕の考えです

[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2018-02-17 12:10 | fishing-'18 | Comments(0)


<< 考えてはみるものの      ドラグセッティング >>