2018年 10月 26日

次機を考える

ずっと渓に持ち込んで来たD700
2008年発売だからもう10年
うちに来たのは2011年だからそれでも7年
そろそろバッテリーも弱って来た
いよいよ交換時期が来てしまった
丈夫だし凄くいい機械
たくさんの思い出を収めてくれました
感謝感謝です

さて次機をどうするか
いっそマウントを変えようか
様々考えてみましたが僕にはお気に入りのこのレンズがある
c0157761_10222586.jpeg
Nikon D700 AF35mm F2D

マウントアダプターを使ってなどとも考えてみた
けどやはり色々と制限がある
他にレンズもあるし

フルサイズ機で画素数は少なめで
渓に持ち込むので高級機は要らない
D750あたりが適正かなと
しかしいつも思うけれどデジタル機の値段の崩れ方は本当に凄い
嬉しいような切ないような…

[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2018-10-26 12:00 | fishing-'18 | Comments(0)
2018年 10月 09日

コンタクトポイント

さまざまな針を試して来た
これもまたなかなか終着点にたどり着かない道具
中細軸の針を使って来たが折れる事象が頻発
信頼度と言う意味でちょっと使うのを躊躇っていた

カルティバのSTX38ZN
c0157761_10183942.jpeg
Nikon D700 CarlzeissMakroplanar 50mm f2
絞り優先AE 絞りf2.8

3パワーのトラウトには丁度いいバランス
PE対応との事であるがもちろんナイロンでも使いやすいと思う
多くのルアーに採用されているST36と同重量
バランスを気にせずにフックを交換する事ができる

一年使ってみたが強度は十分
刺さりも良くてショートバイトもかなり拾う事が出来た
尺上から40クラスまでのPEでのファイトでも何も問題ない

現時点ではこれが自分の中では一番のお気に入りである
c0157761_10251384.jpeg

[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2018-10-09 12:00 | fishing-'18 | Comments(0)
2018年 10月 08日

相手を考え釣りに挑むこと

渓流は限られた期間しか遊べない
だから夢中になるしいつまでも飽きない
僕は色んな釣りをするけれど中でも自分にとって最上級の面白さ
過去にやってきた事を今更書いたって仕方ない
けれどまあ熱く暑苦しく釣りをして来た(笑)
沢山の時間を費やして沢山の経験を積む
これは本当に自分にとっての財産である
c0157761_07564547.jpeg
Nikon D700 CarlzeissMakroplanar 50mm f2
絞り優先AE 絞りf8
何も考えずに釣りが楽しくて川に向かう時期
釣れる場所を見つけて何も考えずそこが釣れるからと通い詰める時期
少しだけ幅を広げて考えて色んな場所を釣ってみる時期
今ならここだろうと効率のあがる釣りをする時期
今ならこの条件ならとさらに絞り込んでいく時期

もちろん自然相手なので正解は無い
でも学習し考え推理しながら魚と言うものを知る事は本当に大事と思う
季節による居場所の変化
時間、水温、気圧、日照量
その他にも沢山の重要なファクターがあると僕は思う
ここに書くと答えになってしまう部分もあるので内緒にしておこう
ヤマメやイワナはとても面白く魅力のある魚だと思う
僕は大好きでもっともっと深く彼らの事を知りたい
c0157761_08030759.jpeg
最後のソロ行の成功は限られた条件で自分の持ちうる経験値を全て出して挑んだ
自分にとってこれ以上ない結果が出たシーズン最高の快心の釣りだった

まだまだ自分の中では発展途上の釣り
もっともっと沢山の経験を積んで行きたい
もっともっと大好きな魚の事を知りたい

オフは一尾一尾の写真を見てその魚の事を思い出し
どういった魚なのかと言うのを想像するのも楽しい時間
c0157761_08142709.jpeg

[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2018-10-08 08:16 | fishing-'18 | Comments(0)
2018年 10月 06日

2018ラスト釣行

単身赴任一年目のシーズンが終わった
今年はやはり釣行回数は激減
二桁に乗らなかった
でも満足度は非常に高くとても良いシーズンを過ごせた
付き合ってくれた友には本当に感謝です

最後の釣りはソロで自分の好きな名取広瀬水系へ
雨の降る1日でしたが雨量を考えながら多少無理をしつつ遡行してみました
秋の魚は早く釣りに出ても良い結果は出ない
8時頃からスタートしました
これは経験値からですが秋は朝まずめにいい釣りをする事が少ない
水温が下がっている秋の渓では少し水温が上がってくる時間帯に反応が増える
という勝手な思い込みかも知れませんが事実今までの秋の釣りはそういった事が多かった

時間の少ない人間は経験値から自分のベストを探します
入渓して直ぐに良いヤマメが釣れてくれました
秋の雌ヤマメでした
お腹にパンパンに卵を抱いた素晴らしい秋の生でした
自分なりには本当に嬉しい一本
魚にダメージを与えないように急いで写真を撮らせてもらってリリース
c0157761_17431770.jpeg
Nikon D700 Carlzeiss Makroplanar 50mm f2
絞り優先AE
感無量でした
遡行を開始すると次は本当に綺麗な雄ヤマメ
これは写真を撮る前に逃走されてしまった
目にはしっかりと焼き付けました
本当に美しい秋のヤマメでした

その後は小さなヤマメの反応ばかり
でもどれも美しい仙台の宝
感謝して直ぐにリリースを続けます
時折出てくる7寸クラスが最大
それでも本当に嬉しい
都会で疲れた心に本当に響く美しさでした

お気に入りのタックルを持ってお気に入りの渓を歩く
雨でびしょ濡れになったけれど自然の中でそれを受け止める
自分の小ささに気づき自然の大事さを感じる

少し都会で暮らして本当にこの自然の素晴らしさ
東北の豊かな自然の素晴らしさ
それを再認識した最終釣行でした

感謝感謝です
ありがとう

[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2018-10-06 17:57 | fishing-'18 | Comments(0)
2018年 09月 11日

道具として

仕上がったボックスにミノーを詰める
これで道具としての役目に戻る
美しいだけではダメで機能を持つのも道具の当たり前の役目
c0157761_20403030.jpeg
Nikon D700
Carlzeiss Maklopranar 50mmf2
絞り優先AE f8

思い入れという大事なところ
作った人と使う人の気持ちの繋がり
僕はそれが道具に思い入れをする大きなポイント


[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2018-09-11 12:00 | fishing-'18 | Comments(0)
2018年 09月 10日

ウッドボックスをオイルで手入れすること

アクリルを磨きそのコンパウンドを落とすのに中性洗剤で何度かあらった
オイルで仕上げていたボックスは当然ながら輝きを無くす
今まではクルミを潰したオイルを塗っていた
甘くて良い香りがして好きだった
今回はあえての定番オイルの亜麻仁油で仕上げる
c0157761_08331149.jpeg
Nikon D700 Carzeiss Makroplanar50mmf2
絞り優先AE F8

亜麻仁油はスーパーで買えます
これは170g入っていて800円ほど
こんなにたくさん要らないんですけどね(笑)

昨晩塗り込んで今朝拭き上げ
まだまだ油は乾いていませんが
最初はそうやって染み込ませる感じに塗っています
後は薄く何度か繰り返して終わりです
もう手に入れる事が出来ないボックス
これからも大事にして長持ちさせて行きたい

[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2018-09-10 12:00 | fishing-'18 | Comments(0)
2018年 09月 09日

アクリルの蓋を磨く事

頂き物の大事なウッドボックス
どこに行くにももちろん連れて行く
お気に入りのルアーを詰めて
アクリルの蓋なのでどうしても傷が付いてしまう
ピカールなどの研磨剤で磨いて細かい傷は消してきた
今回は結構な傷になってしまっていた
時間はたっぷりあるししっかり消してやろうと色々と調べる
友人にもアドバイスを頂きながら
結局は研磨剤で磨くことに落ち着く
c0157761_08173118.jpeg
Nikon D700 Carlzeiss Makroplanar50mmf2
絞り優先AE F8

粗目、細目、仕上げ目 と三種のコンパウンドを用意した
最初は細目と仕上げ目だけだったけれどそれではやはり綺麗には出来なかった

最初は力任せに傷を落とそうとゴシゴシと擦っていたが一向に綺麗にならず
なんだか自分で傷を付けているような気がして一旦中断
もう一度最初からやりなおしてみる
今度はゆっくりと力を入れずに擦ってみた
すると傷は綺麗になり思うような仕上がりに近づいて行った
慌てず力任せにならずじっくり仕上げてやる事が大事なようだ(笑)
結構時間が掛かったけれど
また回り道をしてしまったけれど
なんとか自分が納得するレベルまでは仕上げる事が出来た
c0157761_08262155.jpeg
こういう作業でも釣りでもそうだけどもちろん求めるのは結果である
けれどそこまでの過程も大事だと僕は思う
考え工夫して自分が求める結果に辿り着いた時にはその重みや深みが違うと思う
近道も良いけれどこういった回り道も楽しいものだ

[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2018-09-09 12:00 | fishing-'18 | Comments(0)