2015年 11月 03日

プリントのススメ

カメラが身近になり写真を沢山撮る方が増えたと思います
記録として残したりWebにアップしたり
用途は様々だと思います

昔はフィルムカメラで撮って必ず現像してましたよね
やっぱり写真はプリントすると良いもんですよ

今日から休みの時間にRAW現像を再開して今年の釣果をのんびり焼いていこうと思っています
c0157761_1753773.jpg

額も買いにいかないとな
[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2015-11-03 12:30 | fishing-'15 | Comments(0)
2015年 10月 31日

MYRAN

MYRANのボックスが再販されてるようですね
c0157761_12584044.jpg

何度も紹介しておりますがこのボックスとの出会いはもう随分前
仙台のとあるショップのフライコーナーに陳列されていたものを買いました
もともとはチューブフライやウエットフライ用のボックスのようです
5cmサイズのミノーを仕舞うのに丁度良いなと思い購入しました
当時もボックスといえばあの半透明の白いボックスばかり
仕舞うのには便利ですがお気に入りのミノーを格好良く仕舞うのにはちょっとなという感じのものばかりでした
このボックスは可愛らしい
エイジングで色が変化していくのもなんだか愛着が増すひとつの要因
是非ひとつ育ててみてください
多分開け閉めの所割れますが(笑)
それも愛嬌ってことで
[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2015-10-31 12:30 | fishing-'15 | Comments(0)
2015年 10月 30日

選択肢

ドウと流れる本流の重たい流れも好きであり
サラサラと流れる山岳渓流の流れも好きである
c0157761_11304713.jpg

僕は釣れる場所も大事だけれど最近は気持ち良く釣りが出来る場所を優先に選ぶ
仙台の渓は懐が深い
おもに三水系とその支流をやる
その三本の川と支流で自分の思う釣りが出来る場所の選択肢がいくつもある
随分と広い範囲を釣ったけれどまだまだ未踏の水域がある
来年はそんな場所に足を運んでみよう
[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2015-10-30 12:30 | fishing-'15 | Comments(0)
2015年 10月 28日

中細軸

あの時あの魚を釣って以来そのままのミノー
c0157761_8571630.jpg

フックのゲイブは開き潰れている
やっぱり中細軸のフックを使うのは伸びが一番怖い
だけど魚を掛けないと勝負は始まらない
だけど当たった魚を掛けられないストレスもかなりなもの
だけどだけどの連続だけど(笑)
両方をほど良くバランスしたこのフックが一番ボクに合ってる
硬いロッドだとフックが伸びたろうなぁ
やっぱり大事なのはタックルバランスですね
[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2015-10-28 12:30 | fishing-'15 | Comments(0)
2015年 10月 27日

ランディングネット

僕は三つのランディングネットを使い分けしている
一番大事な役割は釣り上げた魚を掬うこと
もう一つの大事な役割は写真を撮るときの魚の引き立て役
やっぱりネットはカッコイイのが良いですよね
長野の先輩に作って頂いた大事なネットです

一つは気軽な釣行に使うネット
枠のサイズは26.5cm
渓流域で尺クラスまでが想定出来る河川で使う小さめのネット
渓流で一番良く釣れるクラスの魚の写真が映え尺物のランディングが出来る丁度良いサイズ
一番出番が多い
c0157761_10372964.jpg

魚は32cm


もう一つは大きめの本流で使えるサイズのネット
枠のサイズは30cm
40クラスまでを想定しネットも深めに編んである
8寸程度の魚だと写真を撮るのネットが勝っちゃうので本当におおものを狙う時に使う
c0157761_10421624.jpg

この魚も32cmだったような気がする(笑)

後はインスタネットの多分Mサイズ
フレームはぐにゃぐにゃだけどとりあえず魚を取りこむ事が出来る
50クラスの大きな魚が掛かっも余裕を持って掬える
掬えるけれど急いで安全な場所に移動しないと魚がこぼれることがある
c0157761_10354398.jpg

これは46cmの広瀬鱒

ネットがなくても尺クラスであればランディングは可能だと思います
立ち込みで河原の無い時や想定外のおおものの時などネットが要る場面は必ずあります
大きい方が安心感はありますがやはり河川規模に合わせたネットを背負って軽快に遡行したいですよね

ランディングネットの使い方も重要ですよ
網で魚を掬うことがどれだけ難しいか(笑)
ランディング時のバラシもかなり多いですからね

c0157761_857318.jpg

こんなネットとサイズの合ってない魚を掬う自信ありますか?
僕は相当痺れましたよ(笑)
これもやはり経験が必要ですよね
[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2015-10-27 12:30 | fishing-'15 | Comments(2)
2015年 10月 26日

完璧な魚体

釣上げたヤマメを褒めるのに
傷一つ無い完璧な魚体
と言う言葉があります
それはピカピカな魚が釣れるのは嬉しい
でも僕は魚体の傷にも色んなことを感じます
c0157761_14444133.jpg

自然界を生き抜いて大きくなった個体が無傷なんて考えにくい
昨日今日で突然大きくなる訳ではあるまいし
ヤマメは遡上魚です
一箇所にとどまり一生を終える個体は居ません
産卵の為に遡上します
餌をとるために動きます
適水温を求めて動きます
なだらかな流れの場所だけではありません
動く過程で外敵と出会うこともあるでしょう
今回みたいな大雨を凌ぐこともあるでしょう
僕達みたいな釣り人にちょっかいを掛けられることもあるでしょう

自然界で大きくなるのは生半可なことではないのです
自分の針に食ってくれたその魚との出会いを大事にしたいなと僕は何時も思います
[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2015-10-26 12:30 | fishing-'15 | Comments(0)
2015年 10月 25日

おおものを撮る

ボクは遡上鱒やニジ釣りをやらないので大きい魚を撮ることに全く慣れてないんです
撮影対象魚はどれだけ大きくても40cm
普通なら・・・

ボクは何時も大好きな50mmのマニュアル単焦点レンズを持って川に行きます
50mmレンズは人間の視野の範囲に一番近い画角で撮れると言われています
本当はそんなことはないのですがそれはまたの機会に
50mmの画角なら尺クラスでは地面に膝を着いてぶれないように色々と工夫しながら撮ることが出来ます
沢山の写真を撮ってきてようやくいろいろ考えて撮れるようになりました

今回の夢の魚
渓流で50を越える魚を釣ったのは初めてでした
写真をどう撮って良いもんやらと試行錯誤の撮影でした
この魚のサイズだと50mmレンズでは自分が立って引いて撮らないと画角に収まりません
斜めにしたりすれば入りますがパース(遠近感)が表現されてしまいます
c0157761_8435579.jpg

Nikon D700
Makro-planar T* 50mm f2

斜め撮りも表現として悪くはないと思います
せっかくなので全体像をしっかり撮った一枚が欲しい
頭の大きさや尾鰭の大きさそういったのを表すために正面から撮りたかったんですよね

そうなると自分が動くしかありません
必然的に立って撮るということになります
立つと当然被写体との距離があくのでピントを当てるのが難しい
カメラのホールドも難しいのでブレないようにするのが大変です
久々に一匹の魚を100枚を越す枚数撮りました
興奮していましたから色々やる何時ものルーティンが飛んでしまってる
今思えば太陽が出たり陰ったりでそればかり気にしてた気がします(笑)
枚数はありますが使えない写真が沢山ありました
家に帰ってチェックしながらああここはもう少しこうしたほうが良いなぁと言う写真ばかり
完璧なのは今回は無かったです(笑)
c0157761_8471322.jpg

家で何度もボツの写真をみながら次はこうしてみようかと考える
そんな時間もボクのオフの一つのすごし方です

広瀬で40ヤマメを釣ってコンデジで残念な写真しか残せなかったのを機に始めた写真道
まだまだ修行が必要です
[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2015-10-25 12:30 | fishing-'15 | Comments(2)