2017年 12月 09日

魚の写真を撮る事②

魚を撮る場所は日当たりがよかったり魚のポジションが決めやすかったり

色んな状況を判断して決めます

もし適当な場所が無ければ自分で舞台を作ってあげる

その舞台を組むのに石ころを使う訳ですが
それを組む時にも少しだけコツがあります


あまり大きな石ばかりを使うと魚のポジションを調整しずらいです
サイズは出来るだけ小さいほうが調整が効きやすいと自分は思います
そして石が地味な色だと主役が際立ちます

c0157761_08324205.jpg


これは失敗

顔の横にある石が白っぽいのでおかしな感じがします

まだまだです


何もしないで良いポジションが見つけられれば自然な感じの写真を撮ることが出来ます

c0157761_08393621.jpg

ネットに入れるなら石の色はそんなに影響はありませんが魚を直に置く場合は気にしたほうが良いかもしれません


そんなこんなで魚が居心地の良い水勢とポジションを作ってあげる
そして魚に綺麗に光が当たるように微調整をして撮影に挑みます



[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2017-12-09 12:10 | fishing-'17 | Comments(0)
2017年 12月 08日

魚の写真を撮ること①

自分のオフの楽しみが釣り上げた魚の写真を見ながらお酒を飲むこと
沢山撮りためた写真を印刷してそれを肴に酒を飲む

お気に入りは大きく伸ばして額に入れたり
友人の成果を写真に撮ってプレゼントしたり
写真は本当に自分にとっては無くてはならないものとなりました


綺麗な写真を撮るにはやはり被写体である魚のコンディションが一番
やっぱり生き生きとした魚の写真は見ていて良いなと思います

そして僕はリリース前提でやっていますので魚を元の流れに元気に返したい
そう思って魚を大事に扱って撮影に挑んでいます


これはあくまで自分の考え
釣りに没頭するのももちろん良いし
釣り上げた釣果を食べる事も良いと思う
ルールさえ守っていればの前提ですが

僕が写真を撮るときにやっていることを書いてみたいと思います


c0157761_08251433.jpg

魚のコンディションに気を遣う時に注意しているのが

魚の肌が乾かないこと
目が浮き上がる前に撮影を終わらせること
その二つに注意すれば魚のコンディションを保ったたまリリース出来ると思います


やはり魚を水から出来るだけ上げないことが重要です
魚体が水に浸かった状態でゆったりした流れ
そんな場所を見つけて魚を保持すると上手く行きます

流れに向けて頭をたもちエラに水を通してやる

c0157761_08283266.jpg

流れの強さも重要

あまり勢いがある流れだと魚が泳ぎだしてしまいます
緩い流れだと酸欠になって魚が苦しむ
そのバランスをうまく調整してあげると魚はおとなしくしています
そして魚には自分は捕らわれの身だと言うのを感じさせること(笑)
アホみたいな事を言いますがそうしないとおとなしくしてくれません
特にイワナの場合はそうですね

何度も逃走されてようやくその水勢がすぐに作れるようになりました
それでも失敗することは時々ありますが(笑)

その舞台を作っている間には魚にはゆっくりと休んでもらう
そんな場面で使うシンドラーさんのライブバッグは本当に便利だと思います


[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2017-12-08 12:10 | fishing-'17 | Comments(0)
2017年 12月 07日

好きな遊び

一番好きなのはやっぱり軽快さのある釣りであることには変わりはない
自分の思いを演じてくれるルアーを使った釣りが好きだ
そしてそれが渓流の美しい水の中で起こり視界に捉えられれば最高だとも思う

c0157761_08165050.jpg
最近は大きな魚が釣れる難しい場所よりも
無邪気な美しい魚たちが遊んでくれる場所が好きだったりする


贅沢な事を言わせてもらうと最早自分にとっての釣りは魚のサイズではない
それを求める事の優先度が低くなってしまっている
そりゃ大きいのが釣れてくれるのは嬉しい
だけどそれを目標とした釣りは自分の中では一段落したと思っている
そうは言ってもどこで何時また火が付くかはわからないけれど(笑)


今の楽しみはお気に入りのタックルでお気に入りの釣り方で釣ること
そして釣り上げた魚の写真をお気に入りのカメラとレンズで撮ること

c0157761_08141525.jpg


友と喜びを分かち合うことも楽しみであり
一人で喜びをかみしめるのも楽しみである
気持ち良いというか心地よいというか
そんな環境で釣りをして時間を過ごす事が一番なのかも知れない
せっかくの大好きな遊びは思い切り楽しみたい

誰のためにに何のために釣りをしているの?

純粋に釣りを楽しめてるか?

それがわからなくなってしまう事があった

自分の釣りに対するスタンスを見つめなおしてみるいい時間になった

これからはいつもどおりの釣りを楽しむのだ


[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2017-12-07 12:10 | fishing-'17 | Comments(0)
2017年 12月 06日

新しい風

今年は自分があまりやってこなかった釣りをした
今までは割と魚をルアーで付き場から誘い出して食わせて来た
今年は重たいルアーでこちらから近づいて行く釣りを学んだ
どの釣りでもそうだけどいつでもどこでもそれではダメであって状況に応じてという前提で
代表的には低活性で底石に魚が張り付いている状況などが出番
ルアーの重さでルアーの浮き上がりを抑えてレンジキープさせてアクションする
友人達がメインフィールドとする河川では魚の生態がそうなのか川の中の状態がそうなのか常にその釣りが有効らしい
その釣りに特化したミノー達
c0157761_12371961.jpg

尖ってる性能だけどそこで積んだ経験がこの形となっている
最初に案内してもらって釣りを見たときにそれは大きな衝撃を受けた
c0157761_06444599.jpg

僕は惨敗
何度かチャレンジして新しい釣りに馴染んだ秋には尺ヤマメを手にする事が出来た
感謝感謝
状況に応じて魚にアジャストする事がやはり大事だと言うのを身をもって再認識した
スピードについてももっともっと幅を広げる事ができる事を知った
引き出しの中身は多い方が良い
色んな事を友から学ぶ

[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2017-12-06 12:10 | fishing-'17 | Comments(0)
2017年 12月 05日

ロッドケースを作る

新たなロッド用にまた竪樋でロッドケースを作った
作ったというのもどうかと思うくらい簡単な工作
ホームセンターで切ってもらった竪樋に塩ビのパーツを組んで接着しただけ
もう少しかっこよく作れると嬉しいんだけれど
今のところ自分の知恵ではこれがベストの自作品のようです
塩ビ管だと分厚く丈夫ですが重たい
この竪樋は塩ビより薄くて強度的にも十分

c0157761_12385222.jpg


本当はアングルさんのアルミケースのようなものが格好良くて良いんですが
フライ用は結構色んなサイズがそろっていますがルアー用は少ないんです
ガイドが大きいルアーロッドはどうしてもケースが太くなるんですよね
丁度良いサイズがなかなか無いし販売数も少なくて手に入れにくい
竪樋はサイズが太いのでルアーロッドにちょうど良い感じです
加工もしやすいので自作に向いていると思います

自分はあの地震の時以来大事なロッドはハードケースに仕舞うようにしています
遠征の際などにもやはり安心ですし


[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2017-12-05 12:10 | fishing-'17 | Comments(2)
2017年 12月 04日

ホソでタナゴと遊ぶ

今期の渓流オフにはたなご釣りを楽しんだ
とある釣具屋で懐かしい竿を手に入れたのがきっかけ
清瀬というグラスの小継振出
1.7mの張りのある竿でこれを活躍させようと考えたのがきっかけ
宮城はため池の数が多くまた河川の支流でもたなごのいる場所がある

友人からピンポイントで場所を教えて頂きチビを連れて遊ぶ
c0157761_12421749.jpg
釣れるのはカネヒラ
c0157761_12404335.jpg

今時期に婚姻色の入るキレイな魚たち
c0157761_12411960.jpg
それにクチボソやオイカワが混じり楽しい釣りが出来た
感謝感謝です

トラウトのオフにはヘラを釣ったり海に行ったりと様々な遊びをしてきました
その釣りに特化してしまうっていうのもアリですが色々とやってみると発見も多いと
思う
釣りはなんでも楽しい
僕は色々やってみてそう思います



[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2017-12-04 12:10 | fishing-'17 | Comments(2)
2017年 12月 03日

フック選び

今年はフックもいろいろと使ってみた
ナイロンラインとやわらかいロッドでバランスさせるために中細軸を使って来た
中細軸と一言でまとめられないくらいにそのジャンルでも様々なフックがある
僕はその中でも細目で懐が広いものを使ってました
フッキング重視というかとにかく一旦魚の口に掛けたい
それが自分がフックに一番望んだことでした
不自由はないんだけどやっぱりミノーによってはバランスが変わるものがありました
繊細なバランスのミノーではちょっとどうかなって思うことが時々あるんです
今期は少しウエイトのある中細軸に変えてシーズンを過ごして来ました

c0157761_12355369.jpg

強度的には問題ないしフッキングも悪くはない

ここに落ち着くかなと思ったところに新製品の情報が
カルティバのSTX-38

これにはかなり期待しております
フックのウエイトがST-36と同じというところが良い
厳密には抵抗とかで少し変わってはくるだろうけど影響は小さいと思います
トラウトのサイズが出たのは最近で実際にフィールドで使ってはいませんが
来季はこれに全部交換してみようと思う

フックは魚とのコンタクトポイント
あれこれ試して自分が望む性能のモノを探す
選択肢が増えることは釣り人にとってうれしい事でありますね


[PR]

# by s_t_r_e_a_m | 2017-12-03 19:00 | fishing-'17 | Comments(0)