<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 13日

久々の同行

誕生日も近づき忘れないうちに免許更新をしておこうと会社に休暇申請を出す
優良講習なので午前中で終わり前々から話しをしつつも同行出来ていなかった鍋田さんと渓を歩いた
雨後の渓で天気は最高
これはもらっただろうという最高の状況
渓に入りすぐに魚からの反応がある
鍋田さんが素晴らしい体躯をしたヤマメを掛けた
ターゲットが綺麗に絞られるのを見てて僕も気持ち良かった
c0157761_918449.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
今年初めての渓だったようでとても喜んでおられた
みんな良い魚を釣るとそろって良い笑顔を見せてくれる
その笑顔を見ると釣りってのは本当に良い遊びだなぁと毎度思う

いくら釣れるんだろうと思ったけれどそこから一気に反応が無くなる(笑)
良くあることです
自然を相手にするっていうのはそういう事ですよね

でも釣れないからと言ってもつまらないわけではない
最高の天気と萌黄の美しい木々を見ながらの遡行
c0157761_919152.jpg

そして久々の同行でもあり話題が尽きません
今回も本当に楽しい釣行でした

自分にもまずまずのヤマメが掛かりましたが写真を撮る前に逃走
ここ何度か自分の釣った魚の写真が無いんですがそれで良いんです(笑)

やっぱ釣りって楽しいわ
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2016-05-13 12:30 | fishing-'16 | Comments(0)
2016年 05月 11日

バラす

誰でも魚をバラすことがある
フッキングが甘かったり魚の上手い暴れ方でバラしたり
それは致し方ないこと
テクニックを磨きそのバラしは減らす事が出来る

ラインブレイクやフックの伸び、スプリットリングを伸ばされるなんてバラし方もある
自分のタックルの中で一番弱い所が敗因となる場合のバラし方だ
それが意図とするバラしであれば当然OKのバラし
ラインブレイクは釣り人の恥であるけれど安全を考えれば仕方のないことでもある

ルアーを遠くに飛ばしたければラインは細くなりルアーは重くなる
ラインブレイクが怖くなり魚の暴れ方でルアーを弾かれる
確実に魚を釣り上げたければラインは太くなりフックも太くなる
ルアーが飛ばなくなり魚の警戒を高める
魚に警戒されず食わせ掛けるのであればラインは細くなりフックも細くなる
ラインブレイクが怖くなりフックの伸びも怖くなる
ロッドは体系やその人のフィーリングもあるので様々だ
硬ければ繊細な釣りは難しく柔らかければ強引な釣りが難しくなる

色々と意図しタックルのバランスを組み上げる
皆がやっているからではなく自分のやりたい釣りから組み立てることが大事
そうは言っても最初から出来る人は居ない
最初は人真似でも良い
段々と自分のスタイルを見つけていくと良い
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2016-05-11 12:30 | fishing-'16 | Comments(3)
2016年 05月 10日

マクロレンズ考

マクロレンズっていろんな表現が出来て便利です
まずマクロレンズというのは倍率の高い写真を撮る事が出来るもの
等倍マクロと言うのは135版のフィルム(フルサイズセンサー)に被写体を等倍で写せるというものです
当然プリントすれば倍率は上がるので顕微鏡で見ているかのような写真を見せることが出来ますね
本来の用途はそういった倍率を要する被写体や本などの複写ですね
解像感を要することも多いのでかなりのカリカリな描写のレンズが多いのも特徴ですね
自分の愛用しているカールツァイスのマクロプラナーもその名の通りマクロレンズです
50mmの画角で撮影倍率は1/2倍 ハーフマクロと呼ばれるレンズです
釣りあげた魚の表現に自由度が欲しいという理由から愛用しています
50mmレンズは標準レンズと呼ばれる画角であり1/2倍まで写せるマクロプラナーは最強の標準レンズとも言われています
等倍マクロを捨ててコンパクトにしてあると言いますがデカイし重いです(笑)

寄れるというのは便利ですが寄れば寄るほど当たり前ですが倍率があがりますので写せる範囲は狭くなります
それで表現出来る被写体であれば大変便利であると思います
100mmなどの中望遠マクロは被写体に寄れない時に使うマクロレンズと思ったほうが良いですね
そういう意味ではニコンの60マイクロなどは標準に近い画角で等倍まで撮れるという良いレンズだと思います

被写体が大きい場合には寄って撮ればその一部分しか切り取ることが出来ません
大きな魚が釣れたときなどは50mmのレンズでも全体を撮ろうとすると被写体から離れる必要があり立ち上がって撮ったり斜めの角度から撮ってあげるなどしなければなりません
そういった時にはマクロレンズより広角で寄れるレンズのほうが倍率は下がりますがとても便利なんですよね
たとえばシグマの広角マクロシリーズは画角が広角(20・24・28mm)なのに最短距離が短く非常に明るいとても面白いレンズです
各メーカーには広角ズームでも寄れる便利なレンズもラインナップされていますよね
広角で寄れるレンズはパースペクティブを意識して撮らないと変な写真が撮れてしまいますがそれを差し引いてもとても便利なレンズであることは確かです

マクロレンズは便利ではありますが本当に自分の用途に合っているかどうかを考えて手に入れたほうが良いと思います
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2016-05-10 12:30 | 雑記 | Comments(0)