<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 23日

卒業式

娘が小学校を卒業した
あっという間の六年間だった
c0157761_1842744.jpg


c0157761_19265030.jpg

途中であの地震があり準備も中途半端なまま転校
大変だったと思う
環境の変化に耐えて良く頑張りました




中学校でもまた新しい環境となるけれど健康で育って欲しい
次の写真は制服姿か
中学校もあっという間だろうなぁ
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2015-03-23 22:39 | 雑記 | Comments(0)
2015年 03月 18日

雪代の中で

今年の初釣行は息子と一緒でした
雪は例年より少なく何時もの川でキャストしてみましたがなんと一発目はニジ
魚が釣れてくれるのは嬉しい
ですが本来はそこに居るべき魚ではないので複雑な気持ちでした(苦笑)

もやもや感を振り払うべく改めて時間を作って単独釣行
二日前にまとまった雨が降った仙台
かなり増水してましたので影響もまだ残っているでしょう
更に当日は雪が降るという最悪の条件(笑)
どうしようかなぁとグダグダ考えスタートは遅くなり
まあ行ってみようかと車を走らせました

先日は無かった雪が路上にも
ダメかもなと思いつつもウエーダーを履く
川に入ると水量は多いが意外にも水温は高め
低水温に強い魚達だからなんとかなるだろうと足をすすめる

狙うのは当然小さな緩流スポット
河川規模が小さいのでキャストは難しい
勘を取り戻すのにちょうど良い
まあキャスト練習でもしょうがないかと思い釣り上がる
そんな釣り人に程無く小さなスポットで岩魚が反応してくれた
本当に小さな岩魚だけれどこの一尾がくれるのは大きな安堵感
やっとこれで解禁出来たとホッとする
せっかくなので一眼を防水バックから出し撮影
c0157761_10392273.jpg

Nikon D700
Makro-Planar T* 50mm f2

今年渓流での一枚目
ピント当たってて良かった(笑)

この一匹で最初の不安感は吹っ飛びついつい夢中になり釣りあがる

河川の流れの見た目は絶望的だけど高反応
c0157761_10441664.jpg


小さなスポットから岩魚を拾い続ける
小さいけれど数は結構釣れた

小さな川の大場所で赤がミノーを引っ手繰った
盛期のように付き上げてくるバイトに思わずオッと声が出る
越年した8寸越えの9寸あるかなしの良いヤマメだった
ネットに入れ撮影しようと準備している時に逃走
まあ良くあることだ(笑)

なんとなくその一尾でその日の釣りは完結した気がした
後はキャスト感を取り戻す贅沢に言えばオマケの釣り

c0157761_10552317.jpg

小さなヤマメも写真に納める事が出来た

c0157761_1105696.jpg

岩魚は小さいながらも順調に釣れ続く

c0157761_10554174.jpg

脱渓点に向け釣りあがり最後の魚止めでその日一番の岩魚を釣り完結

終わってみれば盛期と同じような釣果で大満足の釣行となった

これでしばらく大人しく・・・
出来ないな(笑)
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2015-03-18 18:30 | fishing-'15 | Comments(4)
2015年 03月 04日

一匹の重み

花粉の飛散も始まり春の到来を身を持って感じる今日この頃・・・
杉林のある川への釣行は辛い時期です

東北地方のこの時期の魚の一匹の重みというのは非常に大きい
気温が下がれば渇水&低活性
気温が上がれば雪代の影響
GW前まではそんな時期が続きます

そんな条件の悪い時期ですから魚の顔さえ見れれば良いという思いで川に通います
僕はシーズン1本目の魚は何年経ってもしびれます
今年はまだですが(笑)

今みたいな時期じゃなくても一匹の重さが変わる時があります
夏の渇水期や秋のハイプレッシャー時などが代表例
毎回好条件で釣りが出来れば良いですがそういう人はごく一部
限られた時間の中で釣りを楽しむのであれば難しい条件の日に当たることも良くあります

いくら豊かな東北でも毎回良い魚が釣れる訳ではありません
ボーズが絶対にない訳ではないし小さな魚しか釣れないこともあります
それでも頑張ってその日に出来うることをしなんとか良い魚に近づこうとする
そうやって釣ったその日一番の魚と言うのはサイズ問わず嬉しいものです
その価値を理解し共有出来る人達が今の僕の釣友です

魚との大事な出会いをお気に入りのカメラで写真に収め
別れを惜しみつつ遊んでくれてありがとうと感謝し魚を川に返す
僕の釣りのルーティーン
大好きな釣りをしてるんですから気の知れた仲間と楽しくその時間を共有したいのです

僕の広瀬川の年券コレクションの枚数も随分増えました
c0157761_14565598.jpg
100万都市の中を流れる難しい川で沢山の魚を釣り沢山の経験を積みました
最近のルアーの発展で更にハイプレッシャー化して来ています
それでもまだ遊んでくれる素晴らしい魚が居る広瀬名取川
今年はどんな釣りが出来るか本当に楽しみです
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2015-03-04 18:52 | fishing-'15 | Comments(0)
2015年 03月 02日

久々の更新

しばらくぶりの更新です^^;
FBをやっているとついついこちらがおろそかになってしまいます
これから渓流も始まるし面白いコトが思いつけば書いて行こうと思います

さて、渓流も解禁しました
解禁日はあいにくの雨模様
僕はおとなしく家でモンモンとしておりました
まだこちらの川は釣りには早いですし
それでも早期の川でなんとか一匹を釣るというのも面白さの一つではありますが

今の時期は魚の顔を見るのは難しいですね
水温が高く安定している所を探したり年中水温が低く安定して魚が低水温時でも元気な場所を探すか
そういう目線で川を選んでいく時期です
まあ年中魚の機嫌の良さそうな場所を探すのは同じですが(笑)

格好良く言えばパターンとかありますが魚目線で今だったらどういうのを食べるだろう
どういう場所に居たいだろうというのを想定しながら場所や釣り方を考えています
色んなファクターがあると思います
その時期に採りやすい餌
快適な場所や水量水温水勢
早期
最盛期
夏季
秋季
朝マズメ
夕マズメ
日中
天候
(もっと別の重要なファクターを僕は考えますが仮説なので今は内緒(笑))
当然付き場も変わりますし餌も変わります
魚を見つけることも大事ですが周囲に目をやることも大事
今何が周りで起きているのかを常に把握していると後々に生きてくると思います
当然答えなんてありませんが一歩でもそれに近づけるようには出来ると僕は思う
単純な遊びなら あー釣れたなぁ で良いですが突き詰めたい趣味なので何時でも勉強のつもりで釣行しています

毎年沢山の回数川に行き沢山の魚を釣っていますがそれでもわからないことだらけ
だからこそ面白い遊びであるのですが
今年もまた沢山悩んで行きたいと思います(笑)
c0157761_15404783.jpg

何時もの相棒達と
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2015-03-02 19:53 | fishing-'15 | Comments(5)