<   2014年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2014年 11月 29日

10SGチューン終了

宣言どおりバンタム10SGをチューン
といっても部品の交換とOHですが
軸受けをブロンズブッシュからステンのベアリングに
キャストコントロールのブッシュもベアリングに
ベアリングにはIOS02を一滴ずつ
もちろんキャスコンには入れません
c0157761_17404996.jpg

Makro-planar T* 50mm f2
うーん
驚いた
こんなに回るんだ
凄いなこりゃ

まあスプールも軽量化したものを入れましたけどね(笑)

生憎の天候で外では試せませんが家の中で軽くピッチング
錘はリップ折れのエミシ5cm
キャスコンの調整はシビアです
でも飛ぶな~
30年も前の機械をこっそりといじる

なんだあのおっさんボロいリール使ってるなぁ
て思われるだろうけど負けんで~(笑)
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-29 12:20 | fishing-'14 | Comments(2)
2014年 11月 28日

ロッドのリビルド

全く使わないロッドが沢山ある
そやつらを徐々にリビルドしてやろうかなと思う今日この頃

まずはザウルスの古い56ULR
3pcロッド
c0157761_9132055.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
トップガイドが割れてガイド交換したけどいまいち
ダルイしトゥイッチしずらい
ブランク自体もダルダルなんだけど
それに輪をかけてステンSICのダブルフットの古いガイドが重たいから益々そうなんだろうと思う

今冬はこれを改造する
グリップを外してガイドをチタンの小さなものに乗せ変え
スパインは逆にします
そう、ベイト化してみるんです

フジのコネットどこやったかな(笑)
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-28 12:20 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 11月 27日

バンタム10SGを弄る

釣れる人と釣れない人の差で一番良く分かるのがキャスト
遠くに投げることが出来るとか正確に投げることが出来るとか
そういった最低限必要なことを備えて居る人でもという意味で
根掛かりを恐れたりミスキャストでポイントをつぶすことを怖がったり
それじゃあ良い魚は中々釣れてくれませんよね
失敗を恐れず、根掛りの回収を億劫がらずに攻めてみる
根掛かり回収時は自分が狙ったそのポイントのチェックをしています
転んでもただで起きませんよ

キャストはある程度こなれてくるとテクニックに走る人が多いですね
トリックキャストばかり練習してる人が時々居ます
やはり基本のキャストをしっかり出来てこその応用かと
最近自分はようやく渓流でのバックハンドに慣れてきました
ブラウニーやレイチューンのバルサではバックハンドでは満足に飛ばない
それが習得遅れの原因ですかね(笑)

最近真面目にベイトリールでのキャスティングをしていません
先日川に行った際に実は一人ストリームアーマーをキャストしていました
バンタムを使ってみましたが飛ぶには飛ぶんですが全くコントロール出来ず
初速のコントロールが難しいです
バンタムは今週中に軸受け回りをベアリング化します
c0157761_11585436.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
どう変わるか楽しみです
練習がてら管釣りでも行こうかな
それともライトタックルで海釣りしようかな
なぞと色々妄想しております
妄想しているうちが一番楽しい(笑)
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-27 12:20 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 11月 26日

ショートロッド

渓流でショートロッドって当たり前でしょ?
なんですが
そんなショートロッド群の中に4ft前後の凄く短い竿がある
最近そんなトラウトのベリーショートロッドが目に付く
自分の中でどこか気になっているのだろうか

現在自分が所有しているショートロッドにザウルスの38ジャーキングなる特異なロッドがある
c0157761_939247.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
短竿というと弱い印象があるがなかなか良いバランスに仕上がっている竿
粘りを持った少し強めのスローテーパーなブランク
大きめのガイド設定でリーダーを組んだ状態でも抜けが良くなる仕様
横川や大倉川などの上流域に持って行って楽しんだ

そのほかにも自分で4ft代のショートロッドを何本か作り遊んでいた時期があった
面白かったけれどショートロッドの利点という意味では源流域以外ではそう多くないように思う
確かにロッドを振る範囲が少なくて済むのでクイックリーなキャストが出来る
ただそのストロークの小ささが弱点でもある
ルアーを自由に動かすのが難しい
一番の弱点はフッキングの難しいさだと思う
そのカバーは色んな方法で出来るとは思うが
あとはロングキャストがし辛いかな
それと柔らかい短竿ではキャストの際にウエイトのあるルアーを背負わせると自分を釣ることがある

そういったいくつかの面をカバーしてやればとても楽しい遊びが出来る
38ジャーキングのような粘りのあるしっかりとしたロッドであれば大物とのやり取りは非常に面白い
遡行も楽で源流のイワナ釣りなどでは活躍できる場面が多いだろう

最近トラウト系のメーカーさんが一生懸命で本当に色んな選択肢が増えて良い事だと思う
渓流釣りはこの先もどんどん面白くなっていくことだろう
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-26 12:20 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 11月 25日

中落ち丼は飲み物です

定期的な赤い写真
カブで塩釜に行ってマグロの中落ちを買った
1パック500円×2パック
これで家族の晩御飯が豪華になる
c0157761_1024312.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
美味しいよなぁ


僕が紹介するあれこれ仙台の美味しいや楽しいは殆ど親方に教えてもらったもの
今でもわからなくなったり困ったりするとついつい頼ってしまう
昨日も牡蠣の料理法を教えてもらった
これからもどんどん吸収させてもらおう
ほんとありがたいです
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-25 12:20 | Nikon D700 | Comments(0)
2014年 11月 22日

塩釜へ

三連休初日の午前中はカブで一人旅
バッテリーが気になってたのとキャブの立ち上がり時のエンストが気になってたので調整がてら
エンジンを掛け暖気をしあてもなくバイクを走らせた
今日は暖かいから調子が良い
少しだけ燃料を薄める
アイドリング数も上げた
カブらしく細い道を選びながら走る
とりあえず塩釜を目指してみた

あちこち工事をしてるけれど釣り人も随分居たな
結構良い型のハゼが釣れてた

ボクはカブを止めてとりあえず一枚
c0157761_15361537.jpg

Makro-planar T* 50mm f2

そして塩釜中卸市場へ
お目当ては何時ものマグロの中落ち
佐藤商店さんで2つ購入

氷を詰めてもらいリアボックスに入れる

帰りは何時ものように若干迷いながら走る(笑)
昼時に帰宅
気持ちよかったなぁ
カブは楽しいなぁ
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-22 16:35 | スーパーカブ | Comments(6)
2014年 11月 22日

今更ながら

写真って自分が残したいその瞬間を切り取ることが出来る機械
まあ当たり前の事を最初から言って何ですが

僕は常にカメラを持ち歩いています
通勤カバンには常に一眼レフを
家族と買い物に出掛ける時にも持っています
ムリならコンデジ
最悪はIphone
何かしら写真を撮れる機械を持っています

僕が撮った一番の傑作
c0157761_1532792.jpg

こんな瞬間が撮れたら重たいカメラを持ち歩いた甲斐があるってもんですよね

つい10年ほど前まではそんなことは無かった
写真を撮ったり撮られたりというのは苦手でした
今となってはもっと沢山写真を撮っておけば良かったなと凄く思います

もうその時は戻ってきません
写真は記憶を補助してくれる
忘れていた事も写真を見れば思い出すことが出来る
写真を趣味にして良かったなと凄く感じます

デジタルになりフィルム時代に比べればプリントも楽ですしランニングコストも掛からない
写真を趣味にするって前より敷居が下がっている気がします

写真って本当に楽しいです
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-22 12:20 | 雑記 | Comments(3)
2014年 11月 21日

海へ

震災前の今頃は根魚釣りに通っていた
あの強烈な津波の恐怖は今でも当然僕らの脳裏に焼き付いている
なかなか本格的に海に繰り出すというのが出来ないでいる
先日チビを連れて仙台港でメバル釣りをした
釣りをする前に避難場所の確認
勝手知ったる場所なのでそこまで心配は要らないのですが

仙台港には沢山の釣り人が戻っていた
サビキで小サバが釣れていた
時折目の前でボイルが起きる
メバル用のワームをすかさずキャストするが無反応
あれは何の魚で何を追っているのだろう?
見ちゃうとダメですね
また行きたくなります

仙台港では小さなメバルが一匹釣れたのみ
移動して湾奥の小場所でメバル釣り
チビが二匹釣り上げて大喜び
c0157761_10252187.jpg

でもすぐに帰ろうと言うんですよ
やっぱりこいつも海が怖いんだろうなと思います
本格的に海に出るにはもう少し時間が掛かるかな
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-21 12:20 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 11月 19日

分解手入れ

道具を手に入れると分解したくなるんです
c0157761_9154961.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
たとえばベイトリール
いくらか使うと調子が悪くなる
メンテナンスをしてみる
最初は外から注油するだけ
レベルワインダーやらハンドル周りに説明書で言われる通り注油し汚れを落とす程度
段々エスカレートする
カップを開けてみる
最初はそのままの状態で外から汚れを落として油を入れる程度
次はバラしてみたくなる
簡単にバラせる所をやってみる
ここまで来ると次はパーツリストを見ながらバラバラに
ギアの油を洗い落とし新しい油を塗る
ベアリングの中の油を脱脂しツルツルのアブラを入れる
ただバラすだけじゃなくて構造を勉強する
ほうほうこういう仕組みになっているのか
と面白さを感じる

スピニングリールは今はサイレントが主流だけど昔は巻くとジージーと音が出るのが普通だった
何台のリールをサイレント化したことか
そこまではもう中学校までで制覇していた(笑)
もう30年近くも前の話し

最新型のリールはベイトもスピンもブラックボックス化してますね
メンテと言っても外から注油する程度
壊れたらメーカーに依頼して修理ですもんね
実際開けるの怖いですもん
内部構造がわかっていれば不意のトラブルにも対処しやすいんですけどね

その点カーディナルやアンバサダーは単純構造
オフに一度バラしてみて構造を確認しておくと良いと思います
壊れる所は決まってますし
まさかカーディナル使いが自分でベイルスプリングを交換できない
なんて言いませんよね~(笑)

さて分解好きな私
次はカブに手を出してみるんですか?(聞くな)
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-19 12:20 | fishing-'14 | Comments(2)
2014年 11月 18日

思い出のミノー

ボクが初めて尺ヤマメを釣った7cmのブラウニー
そして最大のヤマメを釣った5cmのブラウニー
c0157761_1222826.jpg

Makro-planar T* 50mm f2
剥製と一緒に記念としてとってあります
7cmにガツンと当たった時の事
5cmで掛けた時はバラシ病をこじらせてたので細軸のフックにしてたんだ
+台風の増水でひやひやしてやり取りした時の事
はっきり覚えてます

ガキの頃だったら封印なんて出来ません
そういう考えを持ち合わせて居ませんでした
小遣いも少なかったしずっと戦力として働いてもらってロストしたり壊したり
数々の記念のルアーはこれ以外残っていません
心の中にしまってあるから良いんですけどね
しかしどれもこれも写真すらありません(笑)
もっと早くいろんなことを覚えれば良かった
時は戻ってきませんからね~
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-11-18 12:20 | fishing-'14 | Comments(2)