<   2014年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 25日

結論のライン

去年の最後、米沢への釣行
ロングキャストして掛けきれなかった魚
ロッドも柔らかかったがラインが伸びたという感覚が大きかった
フッキングパワー不足だった

今はルアーが重くなり飛距離が出るようになった
ナイロンラインは若干伸びる
それを打開しようと硬いラインを使うと以前書いた

解禁から今までずっとトゥイッチマスターを使ってきた
思惑通りの結果
ロングキャスト時の小さな当りも感じる
フッキングもしっかり決まる

短所も思惑通り(笑)
早期の重たいミノー中心の釣りであれば何も問題ない
軽量ミノーを使うとトラブルが頻発する
そりゃそうだよね

ということで使い分けることに
c0157761_932478.jpg

スプールに二種類のラインを入れる

次の釣行はどっちを使おうかな
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-06-25 12:20 | fishing-'14 | Comments(2)
2014年 06月 23日

息子の初めての渓魚

自分で投げて
自分で巻いて
自分で掛けて
自分で取り込む

それに拘ってチビに渓流で魚を釣らせようとあれこれやりました
何回釣りに行っただろう

ようやくニジですがなんとか一匹を釣り上げる事が出来ました
c0157761_1132250.jpg

めちゃめちゃ喜んでたなぁ
c0157761_1133226.jpg

写真プリントして幼稚園に持って行ったし(笑)

次はヤマメかイワナを釣って欲しいところです
贅沢かな(笑)
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-06-23 12:20 | fishing-'14 | Comments(2)
2014年 06月 16日

underwaterphoto

増水していたが渓流域の水はクリアだった

水が良いと水中写真も綺麗に撮れる
c0157761_10205365.jpg

OLYMPUS TG-2
実はここの水域はこれでも多少濁りが入っている状況
本来であればもっともっとクリアである

綺麗な水と美しい風景
僕らが釣果以前に望むのはそういったものだ
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-06-16 12:13 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 06月 15日

雨後の仙台の渓を彷徨う

梅雨らしい気候が続いた
仙台にも降り過ぎだよという位に雨が降った
広瀬川も濁流と化ししばらくは釣りが難しいだろうと思われた

梅雨空の合間の晴れの日曜日
親方との急遽決まった釣行
何処も増水の影響はかなり残っていた

朝焼けの下、釣りになる川を探し広瀬名取水系を彷徨う
c0157761_1257383.jpg

Makro-planar T* 50mm f2
あちらこちらの川を覗く
何処も流れの押しが強い
魚の気配も感じられない

消去法で選んだここならという沢に入り込む
c0157761_12572079.jpg

小さなイワナを一つ釣るが後が続かない
まだ魚は避難モードのようだった

再度移動
水量は高いが入渓早々に魚からの反応がある
ニジだった
二人でポツポツとニジを釣りお茶を濁す

厳しい状況なので魚が釣れるのは嬉しいがやはりヤマメが釣りたいのだ
二人でニジの入れないような早い場所を狙う
親方がヤマメを掛ける
すぐに僕も続くことが出来た

どちらも小さなヤマメだったけれどとても嬉しい
二人で一気に溜飲を下げることが出来た

さらにヤマメを追加していく

コロコロと肥えた面白い形のパーマークを持ったヤマメを親方が釣る
c0157761_13173638.jpg


僕もコロコロと肥えた長く伸びたパーマークを持つヤマメを釣った
c0157761_12573140.jpg


納得のヤマメをお互いに釣る事が出来た
ルアーを仕舞い川を上がる

あちらこちらと彷徨ったけれど
悪条件なほど最後は経験がものを言う
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-06-15 13:58 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 06月 13日

雪渓残る雨の峪にて

山形へちょっと遠出
去年行けなかった渓へ連れて行ってもらった
出発時には仙台は雨
高速に乗り、笹谷トンネルを抜けても雨
先週山形に降った雨の影響もあるだろうしこれは少し厳しいかなと思いながら目的地を目指す
目的地に着くと雨は小降りになった

合羽を着こみ渓に降りる
渓には濁りが入っている
しかも雪代入りで冷たい
雪渓の残る渓だし当たり前と言えば当たり前だが
c0157761_9531793.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
増水の具合もちょっと不味
ルアーを引くには少し水勢が強すぎた
淵がつぶれ滔々と押されている状況でなかなか緩流帯がない
岩盤の際や沈み石の裏などの小さな緩やかな流れを探すしかない
ルアーをそこに入れるために流れを読みラインをメンディングする
通常の釣りより色んなことに神経を使わなければならない
テクニカルで面白い釣りではある

ヘビーシンキングの重さで早く沈めその重みで流れに留める
釣るための選択であれば確実にそれだ

僕はあえてのフローティングミノー
濁りの影響と対象がイワナであること
ブラウニーのワカアユパターンがはまると踏んだ
ノーウエイトバルサミノーの安定感
フローティングでも上手く使えば水中に長くルアーを置くことができる

何故あえてのフローティングミノーか?
釣るための選択にルアーを操る面白さを求めたから
何を訳のわからないことをと思う人も居ると思うけれど
なるほどねと思ってくれる人も居るだろうと思う
釣りだから釣らなくちゃいけないのだけれど
それでもやっぱり面白くしたい
使うとわかると思うけど釣った感の大きさが全然違う

思惑通りに魚は釣れた
c0157761_1042899.jpg

難しいながらも二桁のイワナが遊んでくれた
無邪気な魚を相手する楽しい釣りも良いけれど
難しい条件で魚を釣るのも本当に楽しい
それもこれも楽しい釣りだ
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-06-13 12:19 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 06月 04日

チャレンジ

チビに渓魚を釣らせたい
鮒はしっかり釣らせました
海でも釣りましたし
そろそろ渓流かなと

あちこちに連れて行きサポートしながら釣りをする
スピナーを使ったりミノーを使ったり
あれこれ手を変え品を変えやっているが渓流魚を釣るのはやはりなかなか難しい
チャンスはあれどまだフックアップすらしていない

仙台周辺にはたくさんの渓流釣りが出来る場所がある
その中から魚影の濃いキャストのし易い釣りやすいだろう場所をピックアップしてるんだけれど
なかなか魚たちはチビのルアーを食ってくれない

僕が投げれば食うんですが・・・
c0157761_11224170.jpg

OLYMPUS TG-2
6月中になんとか釣らせたいなぁ
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-06-04 12:20 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 06月 03日

ロッド清掃

シーズン中に時々ロッドが汚れると掃除をします
蜘蛛の巣や泥で汚れがついたときはすぐやります
こびりつくと落ちにくくなりますからね

ブランクは濡れタオルなどで清掃
その後ボナンザを塗り拭き上げ
c0157761_1571289.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
ピカピカになって気持ち良いですしロッドへのラインの纏わりつきを減らします
綺麗なロッドを振るのは気持ちいいもんです

ガイドは綿棒を使って汚れを落とします
その際一つずつ傷がないかチェックをします
キャスト時に石を叩いたりすることがあります
SICは硬いので割れてしまうことがあります
傷が入っていると当然ながらラインに傷が入ります
ラインブレイクは釣り人の恥
転ばぬ先の杖です

道具を手入れする時間って好きなんですよね
手を入れた道具が活躍してくれると本当に嬉しい
長く付き合うためにも手入れは大事だと思います
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-06-03 12:20 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 06月 02日

水遊び

チビを連れて川遊びへ
気温は30度超え
僕はウエットウエーディング
チビは水着(笑)
c0157761_9233786.jpg

最初は北川に行きましたが今年は魚居ないですねぇ
で早々に見切りをつけ広瀬川上流部へ大きく移動

とある見落としがちなポイントに入ったのですがまあ魚の多いこと
ライズしまくってました
こういうときはルアーは難しい
マッチベイトというのがこの時期ははまりますね
ライズしてる魚は無視してルアーが強い場所だけを
まあチビに釣らせてたんで僕はおまけ
それでも大きなイワナが一匹とプリプリのヤマメを一匹
イワナは久々のメジャー当てようかサイズでした
メジャーを出しているうちに逃走
35は軽くあるオレンジの斑点の綺麗な良いイワナだったな

次こそはチビに釣らせないと
楽しんでくれてますがやっぱり釣らないとね
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-06-02 12:15 | fishing-'14 | Comments(0)