<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 28日

GWの狭間

今年のGWは飛び石ですね
うちの会社は暦通りの休みです
c0157761_14275693.jpg

28-105mm f3.5-4.5D
有給取得奨励日なので人はほとんど居ません

人が休んでいる時に頑張って出社して
人が頑張ってる時に休んで釣りをする

やっぱこれっしょ(笑)
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-28 12:20 | Nikon D700 | Comments(2)
2014年 04月 25日

快晴

素晴らしい晴天が続いております
会社のデスクに座って居るのがもったいないです
c0157761_105546.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
そろそろ大倉ダムの桜も綺麗だろうし
泉ヶ岳の桜も綺麗だろうな

釣り行きたいな~
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-25 12:10 | Nikon D700 | Comments(0)
2014年 04月 24日

川の選択

さてさてケツが重たくなる前に一度仙台の川にも挨拶に行かないとなと
今年はまだまだ雪代が入っている状況でしょうけれど
あそこなら可能性ありかな
と思う場所が2・3あります
c0157761_10301295.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
川には性格があります
オールマイティな川
極早期だけの川
春先の川
増水時の川
渇水時の川
秋の川
濁りが抜けるのが早い川
更に点で条件を絞ることが出来る川もあります

流程の長短
周囲の山の角度や植生
川の底質
日の当たり方
ダムや堰堤の有無
周りを取り巻く環境で川の性格も違ってきます
見方を少しだけ広くしてあげると色んな事がわかります

難しく考えることは無いんですが一匹に対してそういう事を考えるのも楽しいですよね
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-24 12:10 | fishing-'14 | Comments(2)
2014年 04月 23日

春本番

仙台の桜ももう終わりです
c0157761_1095832.jpg

OLYMPUS TG-2

代わりに街中のケヤキ並木が芽吹いてきました
気温予想も急に上がってきました
いよいよ春本番
そろそろ広瀬名取の本流への朝駆けも始めようかなと思っております
思っておりますが足は大丈夫なんでしょうか?(笑)

今年は早めに動きますよ
と言ってはみたものの結局例年と同じ動きに
まあそんなもんですね(笑)

さあ最初は何処に朝駆けるかな
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-23 12:10 | OLYMPUS TG-2 | Comments(0)
2014年 04月 17日

東京へ

本日午後より東京へ出張です

もう東京の桜は終わったんだろうな
c0157761_11374451.jpg

OLYMPUS TG-2

c0157761_11375584.jpg

人の多いところが苦手な僕はちと憂鬱です
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-17 12:20 | OLYMPUS TG-2 | Comments(0)
2014年 04月 16日

失敗は成功の…

最近は無駄なショットも少なくなりました
魚をリリースするのも早くなりました
一年に何枚かは自分でもこれは良いなと思う写真があります
そんな写真は印刷して額に入れてます
c0157761_10195280.jpg

Nikon D700
AF-S MicroNikkor 60mm 2.8G

ここまで来るのに膨大な枚数の写真を撮りました
一時期は釣りに行ってるのか写真撮りに行ってるのかって感じでした
渓の風景やまわりの花や生き物
沢山の写真を撮りました
今ももちろん撮ってます
自分にとってはそれが釣りの一部になりました
c0157761_10304729.jpg

OLYMPUS TG-2
沢山撮ってきた写真の中でも使うのは数枚
ボツ写真がHDDの中に山のようにあります
失敗したものはすぐに消さずに取っておいて何が悪かったか確認してます
ピンボケ手振れはすごい枚数(笑)
ほかにも
露出補正がもう少し
とか
構図があとちょっと
とか
ピントはここじゃなかったな
とか
次に向けていろいろ反省しながら一枚一枚チェックします
もちろん今もやっています
釣りあげたその魚とは一期一会
次にまた撮れば良いやって訳には行きませんからね
自分が納得できる写真を一枚だけで良いから抑えたい
c0157761_10501762.jpg

Nikon D700
Makro-Planar T* 50mm f2

デジタルはついつい沢山撮ってしまいます
撮りすぎるとチェックするのがめちゃくちゃ大変です(笑)
シャッターにも耐用回数があるので出来るだけ無駄打ちは減らさないと
僕のD700は今12000ショット程度
15万回の耐用が謳われているシャッターユニット
まだまだ活躍してもらわないと
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-16 12:20 | fishing-'14 | Comments(2)
2014年 04月 15日

魚を撮る時にコンディションの次に気をつけてるのは光の当て方

被写体に対する光の当て方を順光にするか逆光にするか
それだけで写り方は相当変わります
色の出方や立体感まで
順光と逆光はどちらが良いという訳ではないですし好みがありますし
色々試してみると面白いと思います
自分が撮りたい構図によって光の使い方も変わると思いますし

大事だと思うのは順光でも逆光でも魚に満遍なく自分の思う光を当ててやること
光って言っても太陽からの直射日光だけじゃないです
そこに落ちてくる光の方向という意味です
どんな環境でも光には方向性があると思います
渓流のような空間だと直射日光が必ず落ちてくるって訳ではないですし
もちろん天気の悪い日もある
魚はそんな時のほうが良いのが釣れますし
そんな時に光の方向を探すのも面白いです

あと影にも注意してますね
写真は光を写すもの
影も光の一部
被写体の半分が影とか意図しないモノの影を写してしまうとか
そういうところに気をつけてます
自分の影の落ち方にも注意ですね


そんなとこをちょっとだけ気にしてあげるとコンデジでも携帯でも綺麗に撮ってあげることが出来ると思います
c0157761_955835.jpg

Nikon D80
TAMRON A09



まあ魚を撮る時だけの事じゃないんですけどね(笑)
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-15 12:20 | fishing-'14 | Comments(0)
2014年 04月 14日

桜満開

仙台は桜が満開です
通勤路が華やかでとても気持ちいい

鞄からカメラを出して良い光が落ちているところで何枚か

c0157761_10453598.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2

c0157761_10454866.jpg


いやいや春は良いですね~
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-14 12:10 | Nikon D700 | Comments(4)
2014年 04月 11日

撮影時の魚のコンディション

魚の写真を撮る時に大事なのは魚のコンディション
鱒の森の20号の撮影術の記事に書いてましたが僕もそう思います
釣りあげた魚のコンディションを維持しつつ写真を撮らせてもらい
コンディションを維持したままきっちりリリースする
c0157761_1345883.jpg

OLYMPUS TG-2

魚の写真って半水中のものが多いですよね
あれは魚のコンディションを維持するためなんです
それが良い写真という風に思われがちですが
あれは写真を撮る上でベストな状態なんです
だから生き生きとした良い魚の写真が撮れるんです
c0157761_1323977.jpg

Nikon D700
SIGMA 28mm 1.8


僕の写真はほとんどが薄い流れのなかで撮ってあります
川で釣りをしているので魚を置く場所に多少の流れを作ってあげることは可能ですよね
鰓に水を通してやれば魚はずっと元気で居ます
魚が暴れて濁ってもすぐに澄みますし
c0157761_14145630.jpg

Nikon D700
Makro-Planar T* 50mm f2


乾いた石の上で写真を撮ったり
岸部の草の上で写真を撮ったり
無知な頃はそんな写真をたくさん撮りました
そんなところでは魚はあっという間に弱ってしまいます
魚体に傷がついてしまいますしね
目の逝ってしまった魚の写真を見るのは今は辛いですね


釣りあげた魚をどう扱おうが勝手と言われればそれまでですが
リリース前提の釣りであれば写真を撮る時に魚に気を使ってあげることはとても大事だと思いますね
c0157761_10231273.jpg

[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-11 12:10 | fishing-'14 | Comments(6)
2014年 04月 10日

桜一輪

やっぱり桜の花は良いな
春が来たと本当に実感出来る
c0157761_9404388.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
そしてマクロプラナーの写りも良いなと実感

川はまだまだ雪代全開だけど
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2014-04-10 12:10 | Nikon D700 | Comments(0)