<   2009年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

09最終日(広瀬本流編)

今年最後の渓
まずは広瀬本流へ向かった
いつもの場所に車を止める
一番乗りだ
いつもより早めに準備をして川に降りる

今日はじっくり釣ろうと思った
最後だし次の区間となると厳しいだろうし

最初は4lbラインで釣りをする

最初の淵では異常無し
まあいつものことだ

次の淵
ここは大きなヤマメが釣れる淵

いつものようにキャストをして
いつものようにトゥイッチを繰り返す
トントントンとリズミカルに動かしていた手が止まった

グングンと抵抗を繰り返しあがってきたのは8寸ほどの秋色に染まったヤマメ
c0157761_7183034.jpg

Nikon NewFM2
CarlZeiss Makro-Planar T* 50mm f2
KODAK ED

美しい魚体だったな

こうやってここで何度魚を釣って川に返してきただろう
そう思いながらまた写真を撮りいつものように川へ魚を返す
この一本で肩の力が抜けた


続いて二股に分かれた左側
真ん中の溜まりで二匹目のヤマメを掛けた
サイズは同じ位で銀の強い個体だった

写真を撮る前に逃亡
元気の良いやつだった


そしてあの大淵にたどり着いた
ラインを6lbに交換

色んな角度方向深度
あれこれ試すけど何の反応も無い
まあしょうがない
これも釣りだ

また来年ここに通うことにしよう

広瀬本流
今年も色々とあったな
感謝感謝
来年もまた同じように翻弄されるのだろうな


さて時間は7時
帰るにはまだ早い
ラインを4lbに戻して山に向かった
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-30 08:06 | fishing-'09 | Comments(4)
2009年 09月 29日

ラスト1日!!!

僕は広瀬川のあの淵で何度キャストをして何度トゥイッチをかけただろう

僕の釣りは広瀬川で出来上がった
沢山の魚と出会い
沢山の思い出を作った
色々言われても僕の中で一番思い入れのある川なのだ

昨日の夜は雨模様だった
アスファルトの路面は濡れている
けれどそこいらの土を掘り返すと数センチ下は乾いている
こんな雨ではあの水域の状況が変わることはない
行った所で負け戦になるのは目に見えている
c0157761_1028579.jpg

けれどシーズンは残り2日
状況は悪くてもやはり最後は自分のお気に入りの場所を釣る

親方は二口に・・・
僕は広瀬に・・・
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-29 10:28 | Nikon D80 | Comments(2)
2009年 09月 28日

秋はやっぱり厳しかった

九州出身仙台在住の男が
九州からやって来た友人を
仙台の山深い渓に案内する

当然言葉は九州弁
なんとも不思議な感覚だった


釣りはとても厳しい状況だった
秋のドピーカンの午後
c0157761_1016413.jpg

Nikon D80
CarlZeiss MakroPlanar T* 50mm f2

あちこちを歩いてみたけれど状況は最悪

c0157761_10164976.jpg

先行者の踏み後がどうこうとかそういったレベルではなく
魚は居ても何の反応も起こさないという状態
天気と人間のプレッシャーで最低の状態
まさかのボーズを食らってしまった

夜、じねんぼうで美味いものを食べて気分転換
c0157761_10165778.jpg

Nikon D80
AF-S DX Zoom Nikkor 18-55mm F3.5-5.6GⅡ


仕切りなおして翌日
また午後からという厳しい状況
ようやく東北のイワナを1本だけ見せることが出来た

責任を果たせたような
なんだか心残りなような
そんな秋風が身にしみる週末
秋の釣りは本当に難しい
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-28 10:31 | fishing-'09 | Comments(5)
2009年 09月 25日

あと少し

もう少しで届きそうなんだけどなぁ
c0157761_1532323.jpg

Nikon D80
CarlZeiss MakroPlanar T* 50mm f2

来月には届くようになるんだろうか
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-25 15:06 | Nikon D80 | Comments(2)
2009年 09月 24日

朝を駆ける

4時半に起き
4時50分に家を出る
5時半には川に着いた
急いで準備を済ませ川に降りる

途中の淵はもう完全に無視

9月の朝は時間が短い
どうせ目標はその淵だけだし
急いで目的地に向かう


6lbラインにスナップを結ぶ
いつものレイチューンをセットしてキャスト開始


しかし繰り返しキャストをしても反応は皆無
雨は全然効いてなかった
まあ予想していた通りのことだ
しかしその状況を目で見て納得したかったということもあった訳で・・・

釣れなくて良い釣りは存在しないと思う
けれど釣ろうとして釣れなくて納得する釣りはある
僕は今朝もしかしたら9月最後かもしれない雨が降った後の川に立った
その渇水して澄み渡った河川の状況を目で見て今日は釣れないと納得したのだ
行かなくて後悔するよりは行って納得したかった
現場主義


まあ色々言っても魚は釣れなかったという事実は変わらない


帰るころには霧で視界が10m程度になった
1時間半の朝駆けは終わった

残りあと6日・・・
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-24 09:51 | fishing-'09 | Comments(6)
2009年 09月 23日

最終週

連休最終日
さらりと雨が降った

渇水の渓に潤いを取り戻すには程遠い雨量だけれど・・・
けれど僕は出かけなくてはならない
c0157761_21321352.jpg

Nikon D80
CarlZeiss Makro-Planar T* 50mm f2

残り一週間

本当のラストスパート
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-23 21:35 | fishing-'09 | Comments(2)
2009年 09月 22日

男の料理

フライパン一枚で出来る料理
単純で美味しいモノ
そんなモノが理想

今回は焼き豚を作った
二回目のチャレンジ
c0157761_0264413.jpg

Nikon D80
CarlZeiss Makro-Planar T* 50mm f2

まずまず美味そうに出来たと思うのですが^^;

味はまあ自分なりには納得
楽しいですよね
料理もやり始めると^^
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-22 00:21 | Nikon D80 | Comments(0)
2009年 09月 20日

JOHZENJI STREET JAZZ FESTIVAL

9月の第二週末
仙台は音楽の街になる
定禅寺ストリートジャズフェスティバル

今年も家族で出掛ける
お目当てはとあるバンドの演奏
c0157761_9265542.jpg

Nikon D80
TAMRON A09

音楽は良いですね

とても心地良い音楽を聞かせて頂きました
c0157761_934365.jpg

ありがとさんです
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-20 09:34 | Nikon D80 | Comments(2)
2009年 09月 18日

秋に感じる生

何度も何度も言うけれど秋のヤマメってのは本当に綺麗だ
c0157761_1426132.jpg

Nikon D80
TAMRON A09

なんでこんな色になるんだろう
体から色が滲み出て流れているような
そんな色付き具合
顔は先日連発させた時のヤツに比べると優しい

しかしどいつもこいつも個性的な姿をしているな

僕ら釣り人から見ると姿も色も美しいと思うけれど
普通の人が見たらグロテスクな感じがするかもしれない
生を感じる美しさだと僕は思う

残り12日
台風が逸れてしまった
雨は降るのだろうか・・・・
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-18 14:58 | fishing-'09 | Comments(2)
2009年 09月 16日

自然を相手にするということ

朝からしとしとと雨が降った
渇水も極限に達した渓に少しだけでも変化はあるはずだ
否応にも期待が高まる
あまりの緊張感で鳥肌が立った
それくらいの好条件に思えたのだ

通常反応のない淵でも魚たちが釣れて来る
大きいので9寸クラス
写真を撮る前に流れに返す
悪くないサイズだ
けれど僕らラインブレイカーズが追うのはこんなヤマメじゃない
アイツだ
あのラインをぶった切って行ったあの化け物だ
ラインブレイカーズは準備を万端にさせあの淵にたどり着いた
深呼吸をして興奮を抑え付ける
緊張と期待と興奮の入り混じった精神状態でキャストを繰り返す
繰り返す・・・









二人の興奮と期待とは裏腹に淵は沈黙した
自然を相手にするということはそういうことだ
いくら僕らが条件が良いと思っていても魚にとってはどうかわからない
自然を相手にするということはそういうことだ

やるべきことを全てやり興奮状態から少し落ち着いた

僕らは遡行を再開した
その淵の上手の瀬では尺上ヤマメががちゃこさんのルアーを追った
やはり条件は悪くないようだ



そして折り返した
またその淵を攻めるために

キャストし
アクションをかけ続けたルアーが流芯からすこし外れた

ドスッ

っと水中からの反応がある
心臓が口から飛び出そうになる

けれどそれは万全のタックルでは相手にならない8寸程度のヤマメだった
c0157761_9531548.jpg

こわばっている体をほぐし写真を撮り魚を流れに返す
その後反応は全くなくなった


僕はこれから雨が降る度にその淵に立たなければならない
たとえ釣れなくても
あいつに一歩でも近づけるように

漁期も残り2週間になった

台風が太平洋上で上陸するかどこに行こうか迷っているようだ
てるてる坊主を逆さに吊るして台風を待とう
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2009-09-16 06:27 | fishing-'09 | Comments(4)