2016年 06月 13日

渇水の釣り

渇水の広瀬本流を友人と歩く
今年の少なかった降雪量の影響が本当に深刻
本流域が普段の年では絶対見せないような光景になっている
普段なら川底にある岩盤や馬の瀬の露出が激しい
普段の年なら今頃から盛期を迎えるが魚達はすでに相当神経質になっている

例年の盛期である今時期は自分の好きな釣りで楽しく魚と遊んでいた
一番好きな軽量バルサミノーでのサブサーフェスの釣り
しかし今年は魚が表層までルアーを突き上げてくれるほど陽気な状態ではないのだ

ルアーの選択と誘いにも少し工夫をしながら釣りをしなくては釣果を得るのが難しい
ヘビーシンキングミノーの威力はわかるけれど操作性の悪さが釣りを面白くなくしていまう
僕はそんな時は少し潜るRX50MDSを選択して魚の興味を盛大に引くようにアクションを掛けて魚を釣る
MDSは潜ると言っても視界からルアーのフラッシングが消えてしまうほど潜るわけではない
自分がほしい丁度良い深度を稼いでくれるルアーである
ロッドワーク次第で深度を自在に操れる便利なルアーでもある

アクションは細かいトゥイッチはしない
ストレートリトリーブに時々ジャークを入れてルアーをパッパとダート気味にずらす
そうして活性の上がらない魚に興味をひかせるように見せてやる
そこからチェイスしてきた魚をテクニックを駆使してバイトまで持ち込む
この一連の流れはサブサーフェスでの釣りと変わらない楽しさがあると僕は思っている

魚のチェイスの質を読み、どう誘うかを決める
沢山経験するとどうすればその魚に口を使わせることが出来るかがわかるようになる
もちろん全てではないしわからない魚も沢山居るけれどなんとなくそんな気がするのだ(笑)

そうやって色んなことを感じ魚を誘い掛ければそれだけでもう十分満足してしまう
沢山釣れなくても大きな魚が掛からなくても思い通りの釣りで魚を掛ける事が出来れば僕はそれで満足なのだ

本当に渋い中幾つかの魚を掛けた
この美しい広瀬ヤマメを見ることが出来ればそれ以上を僕が求めることはない
c0157761_10481433.jpg

Makro-Planar T* 50mm f2
難しかったけれど良く笑った幸せな釣行でした
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2016-06-13 12:30 | fishing-'16 | Comments(2)
Commented by pioneerfield at 2016-06-14 00:03
こんばんは。
厳しい状況の中でも自分で考えた自分の釣りをし、そして魚を手にする。
まさに心の底から楽しめる釣りですね。
しかも良い光の中で撮ってますね〜
素晴らしい広瀬ヤマメです。
Commented by s_t_r_e_a_m at 2016-06-16 09:47
pioneerfieldさん
言ってることは至極当然の事であってみなさん工夫されてることを文章に起こしただけです(笑)
考えて釣りをするのも楽しいモンです
この日はピーカンで写真撮るには最高ですが釣りにはとても厳しかったですよ


<< 渓を楽しむ道具を思う      スリングバッグ考 >>