2015年 10月 23日

ロッド

ロッドは硬いほうが強く大きな魚を釣り上げやすい
そんなことはありません
バランスだと思います
硬いロッドだと細いラインは使いづらい
当然すべてが剛に向かったセッテイングになっていくでしょう
それは強いんじゃなくてバランスさせるために強くなってしまっているだけ
強い道具だと繊細な釣りは難しい
キャストするのにロッドを曲げるために強く振るかルアーの重量を重くする
必然的にルアーが飛ぶスピードが早くなる
ルアーを水の中に置き細かく動かす微妙なバランスを硬いロッドで演出するのは難しいです
それは工夫次第でどうにかなるものですが普通に釣りをすればそうなるはずです

ボクはしなやかなロッドが好みです
当然ある程度の強さは欲しいですが
今愛用しているのはアングロさんのパラゴン523
c0157761_1124514.jpg

3pcのロッドでセクション毎に素材を変えてある面白いロッドです
ボクの使う1.5~3gの渓流ミノーを投げて動かすには丁度良いバランス
アベレージサイズで綺麗に曲がってくれて尺クラスにも十分対応出来る
とても良い竿です

ボクの魚とのやり取りは竿を曲げて魚に追従していくやり方
無理にプレッシャーを掛けたり強引なやり取りはあまりしないです
当然強引にやらなくてはいけない場面もありますが大抵はそうやって魚を釣りあげてきました
細いラインと細い軸の針を使う釣りでは竿の柔軟さを上手く使ってやることが重要だとボクは思います
[PR]

by s_t_r_e_a_m | 2015-10-23 12:30 | fishing-'15 | Comments(0)


<< 限界点を知る      鱒の森30 >>